僕たちわがままキッチンについて

動画編集を頑張って勉強している料理人が今のスキルをすべて使ってふざけた動画を作りました

 

やっぱり僕はものづくりが好きな人間なので、クリエイターという肩書きが喉から手が出るほど欲しい今日この頃です。

どうもみっちーです。

さて最近は毎日冗談抜きで起きている時間のほとんどを動画制作の時間にあてています。

このブログを書く時間と、2回の食事、それ以外はほとんど編集作業をしています。

毎日パソコンの前で動画を作っていると、時々叫びたくなる瞬間があるのですが、やっぱり出来上がった動画は本当に我が子のようで可愛く、出来上がった作品を何度もみかえしたりしています。

 

そんなこんなで最近作った中では1番の力作を紹介します。

どうぞ!

この動画はテレビの都市伝説の編集をできるだけパクってみようってところからスタートしました。

なのでまずは何度も映像を見返して、どんなカット割りでどんなトランジションやエフェクトが使われているのかを研究することから始めました。

自分たちの編集に使う素材はもともと『わがままキッチン』の最初の方に都市伝説のパロディをやっていたので、それを中心にして、他の動画素材はすべてCanvaから引っ張りました。

(※Canvaについては今後別の記事で詳しく解説したいと思います。)

今回の動画で1番大変だった事

 

今回の動画を作る上で1番大変だったのはとにかく短い時間で仕上げるために長い映像をカットする作業でした。

本当にカット作業は動画編集において時間がかかります。

使いたい素材を自分の頭の中にある設計図に近いイメージでカットして並べていく。料理で例えるなら食材を選んで適切な大きさに切る作業に近いのかもしれません。

地味な作業が本当に大事なところは料理と似ていますね。

大枠でカットできたら調味料を使うようにエフェクトやトランジションを付けていくのですが、ここもやりすぎると映像としてくどくなって胃もたれしちゃうので、今回はできるだけ種類を絞りました。

音楽は前々からこの音楽を使いたいなっていうのがあったので、今回は選ぶ時間がそれほどかからなかったのですが、ゼロから選ぶ場合は非常に大変です。

ちなみに僕の音楽の選び方も今度詳しく書いていきたいと思います。

 

さてそうして出来上がった編集画面がこちらです。

長年動画の編集をやっている人はもっとシンプルにできるんでしょうけど、今の自分のスキルではこれくらいになりました。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
わがままキッチン
2020年2月、東京の都心部にレストランをオープン。しかし、新型コロナの影響で6月に閉店。 Youtubeチャンネル『わがままキッチン』を立ち上げ、毎日奮闘中! 少しずつ結果も出てきたので、オフラインでも飲食店向けのサービスを立ち上げ、本格的に動き始めました。そんな僕たちの日々の出来事を綴っています♪
『わがままキッチン』

僕たちわがままキッチンの活動が詰まったYoutubeチャンネルはこちらから♪

ぜひ楽しんでくださいませ!また、コメントなども残して頂けると嬉しいです。

よろしくお願い致します!